サポートに優れた事務員|専門性の高い理学療法士を勉強する学校|学費などでどこへ行くか選ぶ

専門性の高い理学療法士を勉強する学校|学費などでどこへ行くか選ぶ

サポートに優れた事務員

女の人

医師のアシスタント的存在

医師の仕事というものはとにかく大変で、長時間の業務や多岐にわたる作業などで、とても負担がかかっているのが現状です。医師不足と呼ばれる理由のひとつが、この過酷な仕事環境であることも大きな要因ではあります。そこで最近登場してきたのが、医師事務作業補助というお仕事です。医療クラークやメディカルアシスタントとも呼ばれています。文字通り医師の元でサポート業務を行います。医師事務作業補助の仕事は、医師が担う仕事の中で、事務作業に関わる部分の代行作業をします。大きく分けると4つの作業があり、メインとなる業務は、医療文書の作成代行になります。医療文書とは、診断書や診療情報提供書、つまり他の医療機関への紹介状などがこれにあたります。

無資格なのに仕事は超重要

医師事務作業補助の他の仕事には、電子カルテへの代行入力やカンファレンスの準備の他、行政などへの報告もやります。電子カルテへの代行入力時には、医師が外来診察をする際に同席して作業を行います。カンファレンスに関しては、医療の質の向上に資する事務作業として行うもののひとつで、新たな症例や手術記録の登録作業も含みます。行政などへの報告については、厚生労働省などに報告しなければならない診療データの整理などがあり、医師事務作業補助の仕事も多岐にわたっています。色々な仕事をこなさなければならない医師事務作業補助ですが、この仕事についての資格というものが実は存在していません。また、事務作業と名前がつくものの、窓口での受付事務や経理のような他の事務の代行作業を行うことはできません。看護師などの医師以外での指示による仕事もできません。あくまで医師の元でしか作業をすることが許されていないのです。また、これになるには認定医師秘書の資格が必要になりますが、今やっている仕事と並行して行うのは難しいでしょう。そんな方には通信教育で資格の取得を目指すのがおすすめです。通信であれば自宅にいながら学習することができるので、忙しい方でも勉強を勧めることができます。